NEWS / BLOG最新情報 / ブログ

電柱って移動できる?できない?

2023.12.18
土地探しのアドバイス

皆さんこんにちは!
 
本日は、電柱についてお話ししたいと思います。
 
 
土地探しをしていて、
「立地は良いんだけど、電柱が目の前にあって気になる・・・。」
という物件、ありませんか?
 
 
せっかく南側に窓を設けたのに、電柱がど真ん中にあったら、
勿体無いですよね。(汗)
 
もしくは、乗り入れ付近に電柱があって、
車が入れられない・・・。
 
 
というような理由で、断念していませんでしょうか。
 
 
だとしたら、それは非常に勿体無いですよ!!
 
 
電柱は、実は移動ができる場合もあるんです!
 
 
私共が土地を調査する際、土地の目の前に電柱がある時は、
必ず電力会社に立ち合いをお願いしています。
 
 
そこでお話しを伺うと、完全に撤去は難しくても、
位置を変えたりする事ができる場合があります。
 
 
その位置は、隣の電柱との距離によって
制限はありますが、問題の解消はできるかもしれません!
 
 
ただ、
「費用は必要ではないのか?」
というのも気になるところかと思います。
 
 
結論としては、
「必要になる場合もある」
というお答えになります。
 
 
どういう場合かというと、例えば
「官地から官地への移動の場合」です。
 
「官地」とは、国や県等が所有している土地の事です。
 
ちなみに、一般の方が所有している土地を、
「民地」と言います。
 
 
「官地」は、例えば道路(公道)などが当てはまりますね。
 
つまり、
「敷地外にある電柱を、敷地外に移動させたい」
という場合は、施主さんの費用負担になる場合が多いようです。
 
 
逆に、
「敷地外にある電柱を、敷地内に移動させたい」
という場合は、電力会社の負担で移動させてもらえる場合もあるそうです!
 
この場合だと、電力会社に敷地の一部を貸してあげるという
扱いになるようですね。
 
 

費用が掛かる場合もありますが、
それで気に入った土地が使いやすくなるのであれば、
検討するのも手かもしれませんよね!(^^) 
 
 
そういった交渉も含めて、弊社では土地探しをお手伝いいたします! 
気軽にご相談ください!

 
お問合せ、お待ちしております!
 
 
桂山