NEWS / BLOG最新情報 / ブログ

共有物の解消。

2022.11.29
土地探しのアドバイス

皆さんこんにちは!桂山です。

本日は以前にも少し触れた、「共有物」に関して書いてみたいと思います。
(「共有物」に関しては、以前のこちらのブログも是非ご覧下さい。)

気になった土地を見に行くと、「更地で建物は無いけど、隣地との境に既設のブロック塀が
残っている。」ということがほとんどだと思います。
そこで重要になってくるのは、「このブロック塀が誰のものか?」という事です。

今回は「共有物」というテーマなので、下記のような状態だと想定してお話しします。

共有物ということは、上の図で見ると
「AとB、BとCでそれぞれ半分ずつ所有権を持っている。」という事になります。
こういった状態は、昔ながらの分譲地ではよくありますが、私はなるべく共有物は解消した方が良いと
考えています。
 

もしも、共有物がある状態で所有権が買主へ移転すると、その後どのような事が考えられるでしょうか。

・数年後にブロックが朽ちてきて、修補が必要な時にお互いで費用を折半させられる。
 (急に隣から〇〇万円請求される。)
・修補、解体等をするにもその都度、隣人の承諾を取らなければいけない。
・万が一、ブロックが壊れて通行人に怪我をさせてしまった場合、責任の所在で揉める
 可能性がある。

このような事が予想されます。
生活していく上で隣人とのお付き合いは付き物ですので、管理やお金の事で
ギクシャクしたくないですよね・・・。
 
買主さんがそんな事にならないように、既存の共有ブロックがある土地に関しては、
必ず「確定測量」(確定測量に関しては、こちらのブログをご覧下さい。)を行い、筆界を確定させ、
その周囲の構造物の所有権がどうなっているかという事をしっかりと確認するようにしています。

 
そして、共有物があった場合の解消方法は状況によって異なりますが、
例えば、
・隣地の承諾を得て買主側で解体し、買主側の敷地内へブロックを積み直す。

これが一番、お互いにスッキリとした解決方法かと思います。

他には、
・ブロックの面で分筆をし、隣地へ所有権をブロックごと譲る、もしくは購入してもらう。

こういった方法もあります。
どちらにしても隣人の協力は必要な場合が多いので、現状と今後のリスクをお伝えし、
隣人の方の意見も踏まえ、方法をその都度検討するようにしています。

 
全てを解消する事は難しい場合もありますが、買主の方にもしっかりと現状と今後のリスクを
伝え、理解をしてもらう事がとても大事だと思っています。

 

今回は、「共有物」についてお話ししました。
如何でしたでしょうか。

現地を見てどういう状態なのかを理解するのは、非常に難しいと思います。
「気になる土地があるけど、構造物が誰のものなのか分からなくて不安・・・。」
そんな方は、お問合せ頂ければ私の方で調査し、書類チェックから所有権の移転まで
サポートしますので、気軽にご依頼下さい!

宜しくお願い致します!

桂山